ほうれん草嫌いのほうれん草づくり

新規就農を目論む者のブログ

ほうれん草嫌いの私がほうれん草を作る理由

はじめに

以前見てた人はあれタイトル変わってる?と思っているかもしれません。(もっとも読者いませんが)

 

就農への道のりをテーマにしていこうと思いましたが、意外とネタがなかったので、ほうれん草へフォーカスをあてる方へ路線を変更していこうと思います。

 

私がほうれん草を嫌いになった理由

齢27にしてほうれん草が嫌いだとか人参苦手です!ピーマン食べられません!なんて言うと人によっては、子供っぽい人だなとか育ちが悪いなんて思う人もいるでしょう。

 

でも嫌いには嫌いな理由があります。さかのぼること18年前、私が小学校三年生だった頃の給食がきっかけです。

 

「好きな科目は給食です」なんて言う子を奇異の目で見るタイプの私は給食にあまりいいイメージはもっていませんでした。なぜなら、ほぼ毎日出る牛乳が嫌いだったからです。twiterのフォロワーさんには酪農家さんもいっぱいいらっしゃるのでこう言うのは憚られるのですが、小学校を卒業して以来牛乳をそのままで飲んだことはほとんどありません。

 

牛乳嫌いの酪農家ブログではないので話をほうれん草に戻すと...

小学校三年生の頃に出た「ほうれん草チャーハン」です。栄養士さんが限られた予算の中で子供たちの成長と健康を願って考えて、給食のおばちゃんが美味しくなるように心をこめて作ってくれたのは、子供ながらに理解してたはずです。

 

このほうれん草チャーハンはほうれん草が入ったごく普通のチャーハンです。ただ私に配膳されたもの中には500円玉サイズに固まったほうれん草ボールが何個も入っていたのです。球体になったほうれん草のテクスチャーはお世辞にもいいものではなく、ほうれん草の味を凝縮したものが口いっぱい広がり、喉が飲み込むことに対し拒否感を露わにしたのです。

 

え?それだけ!?そんな前置きを使って話すオチでもないでしょと言われればごもっともなのですが、これが私を18年間ほうれん草から遠ざけてたトラウマなのです。

 

では?なぜ?ほうれん草を栽培するの?

さきほどは、前置きが長かったので今回は先に答えを言います。

 

①最大5期作できること

 農業は、観光農園で種まき体験や栽培の課程をyoutubeに投稿して収益を得るなどしていない限りは、収穫・調整・出荷(場合によっては販売)するまで無収入です。ならば、できる限り栽培期間が短いものがいいということでほうれん草をチョイスしました。ほうれん草は時期によって60日程度で収穫できます。

 また産地によっては最大5期作を行っているところもあるようです。新規就農でどれだけの広さの圃場を借りられるかは未知数です。ならば同じ圃場で回転できる作物は魅力的です。もっとも連作障害の心配はありますが...

 

 

※○期作 中学受験や中学校の地理で出てきたあのワードです。二期作が同じ作物を二回同じ田畑で作ること。ついでに二毛作は同じ田畑で収穫後違う作物を作ることです。

 

※圃場 この界隈では農場 田畑のことを圃場と言うそうです

 

※連作障害 同じ圃場で、同じ作物を作ることを連作といい、連作に伴い発生する生育不良や病害虫などで発生する障害を連作障害という。ナス科やウリ科で起こりやすいが基本的に連作を嫌う作物は少なくない

②病害虫の心配がほかの葉菜類より少ないから

 ほうれん草はアカザ科の野菜。アカザとは仙人のもってる杖の原料だとかなんとか。最近の分類ではヒユ科と言われていますね。

 白菜キャベツ小松菜などの一般的にみる葉菜類の多くはアブラナ科です。どれも美味しいですよね。それは虫たちにも同じようで、総合的な防除とそのタイミングを図る技術を要します。

 

 ほうれん草はシュウ酸が多く含まれていたり若干癖があるのか、あまり虫たちにも目をつけられません。といっても総合的な防除がまったく必要がないわけでなく、それなりに必要です。アブラナ科に比べればといったところです。事実よくオンブバッタをほうれん草の周りで見かけた者です。可愛い見た目して結構厄介者です。

 

また種苗会社と菌のいたいごっこが行われているベト病などのリスクも大きいので、必ずしもほうれん草が安全といったわけではないですが、育てやすい野菜のひとつでしょう。

③賄い野菜?

最初に就農相談をしたのは、関東地方に雹が降った直後の日でした。そんなこともあって相談員の方は、果樹だけは危険。たとえ何種類かの果樹で経営しても同じ。露地野菜を組み合わせた方がいいとのこと。それに対して私は埼玉県が取り組んでいる野菜や推しているものはありますか?と問うと特にない、強いて言えば里芋?とのこと。

さらに続けて育てやすい野菜はと問うと、葉物?でも賄い野菜ね と言われて?を浮かべたまま会話を終えました。

 

 賄い野菜ではなく巻かない野菜。つまりキャベツやレタスなどの結球する野菜じゃないものを勧めたと気づくのはかなり後のことでした。そこから葉菜類を調べたのでした。

 

今後の記事について

今後は、栽培の記録や日々の作業などの畑での風景やほうれん草を使ったレシピ(試食するのは憂鬱ですが)など

また別の野菜の作業風景やこれから始めるぶどうやブルーベリーについても執筆していけたらと思います。

ちなみにほかに栽培している葱は個人的好きな野菜ナンバー3には入る野菜です。

ナス ネギ オクラ の順ですかね...

さらに嫌いな野菜ワーストをあげると

ニンジン、ほうれん草、ピーマンなどなど

もっともセリ科の野菜は三つ葉以外苦手ですね...

 

ちなみにぶどうもブルーベリーも好きです。ぶどうはナガノパープルが一番好きです。邪道かもしれませんが、三ツ矢サイダーに少し漬けてから食べるのが好きです。

ブルーベリーに関しては当面は自家用で後に直営の直売所(まだない)に併設したブルーベリー食べ放題の観光農園なんかもおもしろいなとは思いますが、まずは目を酷使する大切な人へのプレゼント用にと企んでます。垢バレしてるかもなので皆までは言いません笑

 

割とまじめに記事を書いてきたつもりでしたが、最後の方で好きな野菜嫌いな野菜ランキングを勝手に作ったり、少し緩くなりましたね。

さて、ATOKがそろそろ入力しすぎだから休みなと言ってるのでこの辺で失礼したいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

最近のIMEはカーナビみたいなこと言ってくるんですね...

分析したりされるのは嫌いではありませんが

 

お手伝い?

 

現在、新規就農にむけて様々な準備をすすめています。きっと完全な就農(農地を借り農家として認められる状態)までは二年以上かかりますが...

これはいち早く就農したかった自分としてはなかなか厳しい現実。

とはいえ農業はそんな甘くない(のはわかっていたつもりだった)のでやむを得ない。

でも営農はもう少し早く始められそう

 

そんななかできることとしては...

 

①農家に見学&インタビュー

農業法人でバイト

③親戚のお手伝い

④各種栽培学的勉強 重機等の免許取得

農業簿記の勉強

などなど山積み

 

今回はその③をしてきました。

 

さつまいもの定植は6月1日に2畝分(広さの単位じゃない方)定植してきましたが、今回の定植時である6月21には立派に育っていました。 枯れかけていた苗もしっかりと根を張りまっすぐ上に葉を伸ばしてくれていて、この作物のタフさを実感しました。

 

圃場へ向かう電車というより親戚宅へ向かう電車の中から見える薄暗い雲がいささか心配はしていましたが、到着したと同時に降り始めました。

 

ツイートをご覧になっている方はご存知かもしれませんが、敬虔なメネデール信者の私は定植する前にメネデールを勧めたのですが、本当にそれであってるのと言わんばかりの表情で却下

 宣教師(←誰にも頼まれてはいないが)としての業務はここで終了

メネデールは庭に植えた愛しの白桃と白鳳にプレゼントしました。

 

話をさつまいもに戻し...雨の中のさつまいも圃場へ

乾燥するよりはいいのかもしれませんが、汗と雨で顔中びっしょびしょ、めがねが滑りぬかるんだ畝間へ

これが結構困ったもので手袋も泥だらけだしどうしようと、近くに水道があったからよかったものの

 これは就農したときも対策は必要だなと

 

私以外の人間は、先端がY字になった定植用の器具を使っていましたが、私は笹でマルチに穴をあけ指で少し掘り手植えし少し横からぎゅっと土を寄せる。

 

私は茎や根が傷んでしまうその器具はどうも嫌いでした。

私の方法と親戚たちどっちが初期生育がよいか密かに闘争心をもやしながら見守ることにします。本当はメネデールの有無の対照実験もしたかったけど、これは自分が就農したときまでおあずけですかね。

 

そんなこんな、めがねを落としたり、メネデールへの思いをはせてるうちに定植完了

↑0.3aの小さな圃場

↓3aくらいの圃場

どちらも完了

 

タイトルに何故「?」をつけたかと言えば

私の植えた量=親戚3人分の植えた量

という事実を少し皮肉りたかっただけです。

ではこのへんで

 

また定期的にモモの様子とともにお知らせしていきます。

五カ年計画

 

 タイトルをみると、営農計画かなと思うかもしれないが、それはまた別に記そうと思う。

 今回は今後の5年間自分がしたいことをただ書いていく。

 

(記事にはなんら関係ないが、下の下手くそな図がトップに出てほしくないので貼った)

 もちろん自己啓発的なことは含まれないから安心してほしい。

じゃあ誰の得になるのかというと、誰の得にもならない。自分の決意をただ公開する備忘録。

 

まずはルーティンなんてかっこいいものではないが、継続して続けていくことから。

 

○継続

 

月1回  別冊Newton を読む

週3回  ジムに行く

週1回  音楽に触れる

毎日    薄茶を点て飲む

 

ではなぜするのかを書いていくと...

 

別冊Newton 主に生物化学物理地学についての教養を深め、大人として何を聞かれても恥ずかしくない自然科学の知識をつけること。また私の大学の先生の言葉で印象に残っているのが「農学は自然科学、社会科学、人文科学の真ん中にある。」

ただでさえ下手っぴな字がより下手くそになってしまった。

 

さきほどのセリフはこのようなことだろうし、こういう図を書いて下さっていたと思う。

 農業というと自然科学のイメージはやはり強い。でもよく考えると、農文化、農業思想のような人文科学的なもの。農業経済や食料経済、農業政策など社会科学もあるようだ。

 とはいえ栽培学に限定するとやはり自然科学であろう。だいぶ前置きは長くなったが栽培をするものとして自然科学のベースとなる学問を学びなおしたい。

 

ジムに行くこと  これは健康維持のため。法令遵守のため健康や医療のことは安易に記事にかけない 詳細は書かないが、やはり健康こそ最大の節約だろう。お金も時間も。 このブログの存在を友人に明かしている。ビール腹の筆者に言う資格はないと思っているだろう。反駁はしない。

 

音楽に触れること  これはコンプレックス解消のため。極度の音楽アレルギー。

音楽も教養のひとつ。なんとかしたい。

 

薄茶を飲むこと   これも健康維持。お茶の持つ食品学的なことは上記理由から割愛する。またこういうご時世で茶道を続けるのは難しいが、せめて感覚は忘れぬように。

自分は裏千家でミルキーな泡を立てる流派だ。茶筅をシャカシャカして泡を立てる流派は実は少ない。

 

表ですか?裏ですか? なんて質問をよく耳にするが(サザエさんでしか聞いたことない)なぜ裏千家というか、それは裏に茶室があったから ただそれだけ。詳しく知りたい人はぐぐってもらうといいが同じ答えであろう。もう少し歴史について細かく記されてはいるはずではあるが。

 

 たまにきれいに泡がたった時にはどアップで写真なんかとりたくなる。

 

 

 

 

本当はこれから5年以内にしたいことを書いていくつもりだったが、長くなりすぎたのでここで筆を一旦おき②に続く

 

とりあえず五年間習慣にしたいことをここに記した。

室外機の上圃場② 閉場

さて今回で2回目の室外機の上圃場です。早くも最終回です。

 

マンションの5階ということで、日当たりも良くなく風通しもよくない。

流石にかわいそうかなと思い。鉢ごと親戚の家へ持って行って、水やりは祖母へ委託、それ以外は自分でと考えておりました。

 

 しかし祖母が庭に定植して良いというので、定植することにしました。

 

 早速途中のホームセンターで、牛ふん堆肥とバーク堆肥を購入し庭へ

 

深さ80cmは堀たかったですが、粘土質の土壌でかなり硬くて断念。

このような土壌でもバックホーが有れば掘れるのですかね・・・


牛ふんは何度か使ったことありますが、バーク堆肥は初めて!真っ黒でいい感じですね。

掘った穴に対して買いすぎたのは・・・ですがまぁ贅沢でいいでしょう。

 

しっかり牛糞・バーク堆肥と元の土をしっかり混ぜて、土壌改良版としても使えるサカタの黒ピートも余っていたので混和。

 

 

 

根がしっかり定着するように、しっかりと灌水。

 

やはりスペースが狭いので、いずれ移植が必要そうですね。

早く自分の樹園地が持てるよう修行していきます。

 

 

最後に、写真はとりませんでしたが、スコップで掘る時3回に一回はミミズさんこんにちはでした。慣行農業派ですが、ミミズに害のない農薬を選定したいなと思いました。

定植から一日経ちましたが今頃牛ふんとバーク堆肥がミミズたちのボーナスタイムになっていそうです。

 

ではこの辺でごきげんよう

 

 

 

 

室外機の上圃場①

 Twitterにはちらっと載せましたが、室外機の上にモモを定植?しました。

そのときの様子を少しお見せします。

 

購入してから少し時間が経ってしまいました。しおれが早期に改善しなければメネデールでも買ってきます。

 

品種は「白桃」と「白鳳」です。剪定や樹形管理の勉強用に購入しましたが、受粉の実験にも使えるかもしれないのでこの品種にしました。

 もっともホームセンターに売ってたのがこの2品種だったのですが

 

 もし新規就農したら一番こだわりたいのは土づくり。

なので室外機の上圃場でも少しこだわってみました。

 

 今回使った資材はこちら↓

 

まさか自分がサカタのタネさんの培養土を使う日が来るとは

もちろん悪い意味ではありません。

 サカタのタネはカタログを見るだけでわくわくしますし、ものすごくこだわった資材を用意してくださってます。

 その分お値段も高級なイメージだったので。

 

メーカーのごまをするわけではないですが、サカタのタネタキイ種苗のカタログは本当に見てて楽しいし勉強になります。

 子供の頃にクリスマス前に織り込まれてるトイザらスのカタログの感覚と同じです。

もうちょっと世代が上だとハローマックでしょうか。

 

では本題に戻ります。

まずお決まりの鉢底石。果樹は水はけのよい扇状地と中学の地理の教科書にも書いてあるとおり、水はけは肝心。なのでしっかり鉢底石をしく。

 

 

よく見ると鉢にもスリットが入ってます。通気性もバッチリ!

 

きれいな鉢底石と書いてありますが、本当に真っ白で軽い。たしかガラスを発泡させたとか書いてあったかな。

 室外機圃場は灌水時は下に下ろさないといけないので、軽いのはうれしい。

 

次に元肥となる特濃牛ふんと果樹花木の肥料を混ぜ込みます。

 

 

そして定植。

 

 



 

だいぶ過保護な土作をしましたが。どう育ってくれるか楽しみ

農業の勉強をしよう② 1haって、一反って?実際どのくらい?

前回農業の基本単位について勉強したが、1haや1反って言われてもイメージしにくい。

 

今回はよく使う単位は実際にはどれくらいなのか、イメージをつけていこう。

 



この畑は何a?かというより、何aの畑というとあそこの畑くらいか!というイメージをもつことが就農に役に立つと思う。

就農したい人は自分の栽培したい植物の反収(一反あたりの収穫量)を調べて、買取価格と掛け算をするという皮算用をよくすると思う。

 そしてこの植物で生計を立てるには何反必要か、はたまた何ha必要かがイメージするだろう。

その皮算用をもっと具体的にしていこう。

 

①1a(1畝)

 

 

 これは10m×10mといってしまえば終わりなのだが、畳なら30畳分

でも30畳の畳の部屋、洋間だとしてもあまりイメージはしにくいかもしれない。

いろいろ検索してみるとコンビニの面積がだいたい200㎡ これの半分が一番イメージしやすいかもしれない。

 

②1反・10a(10畝)

 

 こちらも約32m×32mといってしまえば終わり。よくある例としてテニスコート何面分っていうのだろう。たしか自分も大学でそう習った。だがテニスコートに立ったのは人生で片手に数えるほど。あまりイメージはわかなかった。

 

 1反という農業において最重要な単位であるが故いろいろな人がイメージしやすいように様々な視点で書いていく。

 

1、10両編生の電車2本分

2、

3、

と書いていくつもりだったがなかなちょうどいいものは見つからず。約30m四方というのが今のところ自分の中でのベストアンサー 意気込んでおきながらお恥ずかしい

 いいたとえがある方は教えてください

 

③ ha

 

農業の経営体を表す時によく使うが、こちらはwikipedeiaでいろんな有名施設を検索していくことにする。

 

日比谷公園                              16.2ha

東京ドームのグラウンド面積 1.3ha

東京ドームの建築面積     4.6ha

五稜郭            2.5ha

阪神甲子園球場グラウンド   1.3ha

阪神甲子園球場スタンド    2.2ha

鹿児島仙巌園                              5.0ha

 

(すべてwikipediaより)

 

だんだん書いていてモチベーションがさがってきたのでこれで完成としよう。

 

理想の経営規模と実際の広さをイメージして、わたしにもできそう!ちょっと広いかなー

どういう感想を持ったでしょうか

 

農業の勉強をしよう① ㎡じゃだめ? 【農業高校・農業大学・農学部新入生必見!】

人に広さを説明する時、どう説明するだろうか。

 

㎡?坪?東京ドーム○個分?

 

などなどが一般的だと思う。

そもそも東京ドームで広さをそこまでイメージしやすいものではないが、

東京ドーム何個分っていわれるとなんとなく「すごい」となってしまうのはなぜだろう

 

さて今回からシリーズで初めていく農業の勉強をしようのシリーズ。農業初心者というのもおこがましいレベルの筆者と一緒に農業を勉強していく。

第一弾は広さの単位。

農業の勉強を始めると、最初に読み方はわからないがなんとなく意味のわかる単語。

そして日常生活であまり使うことのない単位がでてくる。

 

最初に覚えるべきものをあげると、

尺貫法の「畝(せ)」「反(たん)」「町(ちょう)」

メートル法の「a(アール)」「ha(ヘクタール)」

 

細かい事情を省けば....

 

    

    10a   = 1反

 100a =10反 = 1ha = 1町

 

これをまず覚えよう。これでほぼ終わり

たぶんこれだけでは、農業高校や農業大学の小テストでは合格はもらえないが

これでほぼ完成。

では残りをみていこう。

 

Ⅰ 100㎡の土地(10m×10mの土地)

    

    1a = 1畝

 

Ⅱ 1000㎡の土地 (Ⅰの10m×10mの土地が10個分)

 

    10a=10畝=1反

 

Ⅲ 10000㎡の土地 (100m×100mの土地)

 

    100a=100畝=10反=1ha1町

 

これ以上覚えても正直実用はほぼないだろうが、小テスト対策のために変換を書いておく。この変換という作業は数学嫌いにはこのうえなく苦痛。私も数学アレルギーを長年患っている。

 

○㎡ ÷ 100 = △a  △畝

     ÷ 1000  = △反 

     ÷   10000 =△町 △ha

 

○ha   ×10     = △反

○ha   ×100   =   △a △畝  

 

これが書かれたサイトはたくさんあるが、何かのテストに役に立ったり、栽培教本を読み進める上で役に立ってくれたらうれしいしコメントをもらえたらなおうれしい。

私もこの単位を扱うのはひさしぶり間違っていたらこちらもコメントでこっそり教えてほしい

 

次回予告

 

農業の勉強をしよう② 1haって、一反って?実際どのくらい?

農業の勉強をしよう③ 基本の基本 農業用語解説