ほうれん草嫌いのほうれん草づくり

新規就農を目論む者のブログ

農業の勉強をしよう① ㎡じゃだめ? 【農業高校・農業大学・農学部新入生必見!】

人に広さを説明する時、どう説明するだろうか。

 

㎡?坪?東京ドーム○個分?

 

などなどが一般的だと思う。

そもそも東京ドームで広さをそこまでイメージしやすいものではないが、

東京ドーム何個分っていわれるとなんとなく「すごい」となってしまうのはなぜだろう

 

さて今回からシリーズで初めていく農業の勉強をしようのシリーズ。農業初心者というのもおこがましいレベルの筆者と一緒に農業を勉強していく。

第一弾は広さの単位。

農業の勉強を始めると、最初に読み方はわからないがなんとなく意味のわかる単語。

そして日常生活であまり使うことのない単位がでてくる。

 

最初に覚えるべきものをあげると、

尺貫法の「畝(せ)」「反(たん)」「町(ちょう)」

メートル法の「a(アール)」「ha(ヘクタール)」

 

細かい事情を省けば....

 

    

    10a   = 1反

 100a =10反 = 1ha = 1町

 

これをまず覚えよう。これでほぼ終わり

たぶんこれだけでは、農業高校や農業大学の小テストでは合格はもらえないが

これでほぼ完成。

では残りをみていこう。

 

Ⅰ 100㎡の土地(10m×10mの土地)

    

    1a = 1畝

 

Ⅱ 1000㎡の土地 (Ⅰの10m×10mの土地が10個分)

 

    10a=10畝=1反

 

Ⅲ 10000㎡の土地 (100m×100mの土地)

 

    100a=100畝=10反=1ha1町

 

これ以上覚えても正直実用はほぼないだろうが、小テスト対策のために変換を書いておく。この変換という作業は数学嫌いにはこのうえなく苦痛。私も数学アレルギーを長年患っている。

 

○㎡ ÷ 100 = △a  △畝

     ÷ 1000  = △反 

     ÷   10000 =△町 △ha

 

○ha   ×10     = △反

○ha   ×100   =   △a △畝  

 

これが書かれたサイトはたくさんあるが、何かのテストに役に立ったり、栽培教本を読み進める上で役に立ってくれたらうれしいしコメントをもらえたらなおうれしい。

私もこの単位を扱うのはひさしぶり間違っていたらこちらもコメントでこっそり教えてほしい

 

次回予告

 

農業の勉強をしよう② 1haって、一反って?実際どのくらい?

農業の勉強をしよう③ 基本の基本 農業用語解説